PROGETTI COMPIUTI PC_3, PC_12

PROGETTI COMPIUTI PC_3, PC_12

Shiro Kuramata x Cappellini logo_

Shiro Kuramata x Cappellini
今年没後30年となる、’60年代から’90年代にかけて革新的な作品を発表した世界的なデザイナー倉俣史朗(Shiro Kuramata)。本日は、氏がイタリア・カッペリーニ社(Cappellini)で発表した印象的な作品達をご紹介致します。

※金額は税込、送料は首都圏までは無料、それ以外の地域の方は別途お見積りとなります。表示価格の有効期限は11月14日まで。納期は約6ヶ月~10ヶ月となります。

Shiro Kuramata x Cappellini logo_

Shiro Kuramata x Cappellini
今年没後30年となる、’60年代から’90年代にかけて革新的な作品を発表した世界的なデザイナー倉俣史朗(Shiro Kuramata)。本日は、氏がイタリア・カッペリーニ社(Cappellini)で発表した印象的な作品達をご紹介致します。

※金額は税込、送料は首都圏までは無料、それ以外の地域の方は別途お見積りとなります。表示価格の有効期限は11月14日まで。納期は約6ヶ月~10ヶ月となります。

PROGETTI COMPIUTI PC_6, PC_3

PROGETTI COMPIUTI PC_6, PC_3

PROGETTI COMPIUTI
直訳するならば”Completed Projects”=完成したプロジェクト、という名前のキャビネットですが、元々は「変型の家具」(Furniture with Irregular Forms)と呼ばれるシリーズで、氏がデザインし青島商店で製作されたのは1970年のことでした。その後カッペリーニより”PROGETTI COMPIUTI”シリーズとして発売されました。倉俣史朗が世界的に認知されるきっかけとなった作品です。

PROGETTI COMPIUTI
design: 倉俣史朗(1970)(Cappelliniからの発表:1987)
PC_6(写真左) 幅63x奥行50x高さ170 cm
¥2,690,600
PC_3(写真右) 幅63x奥行50x高さ170 cm
¥3,148,800
PC_12(top写真右) 幅120x奥行50x高さ131 cm
¥5,135,100
ケース: アッシュ材黒色塗装
引き出し: マットホワイトラッカー仕上げ
ノブ: つや消しスチール製
回転式キャスター付き

PROGETTI COMPIUTI PC_6, PC_3

PROGETTI COMPIUTI PC_6, PC_3

PROGETTI COMPIUTI
直訳するならば”Completed Projects”=完成したプロジェクト、という名前のキャビネットですが、元々は「変型の家具」(Furniture with Irregular Forms)と呼ばれるシリーズで、氏がデザインし青島商店で製作されたのは1970年のことでした。その後カッペリーニより”PROGETTI COMPIUTI”シリーズとして発売されました。倉俣史朗が世界的に認知されるきっかけとなった作品です。

PROGETTI COMPIUTI
design: 倉俣史朗(1970)(Cappelliniからの発表:1987)
PC_6(写真左) 幅63x奥行50x高さ170 cm
¥2,690,600
PC_3(写真右) 幅63x奥行50x高さ170 cm
¥3,148,800
PC_12(top写真右) 幅120x奥行50x高さ131 cm
¥5,135,100
ケース: アッシュ材黒色塗装
引き出し: マットホワイトラッカー仕上げ
ノブ: つや消しスチール製
回転式キャスター付き

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION PC_17CP

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION PC_17CP

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION
20世紀初頭のモダニズムの巨匠たちへのオマージュとして、1982年に倉俣史朗氏がデザインしたアームチェア「Sofa with Arms」の限定版です。この象徴的な製品は、ファッションデザイナー三宅一生のショールームやオフィスで使用するために、クロームメッキの構造体と明るい色のウール生地のシート・背もたれでデザインされました。このパートナーシップを記念して、カッペリーニ社は、鮮やかなベルベットのカバーリングで無煙炭のメタルフレームのバージョンを製作しました。

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION
design: 倉俣史朗(1982)
PC_17CP 幅62x奥行92x高さ65.5, 座面高38 cm
¥351,700
構造: クローム仕上げ金属管、ポプラ合板
パディング: 高密度ポリウレタンフォーム
カバー: 固定式ファブリック、レザー

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION PC_17CP

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION PC_17CP

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION
20世紀初頭のモダニズムの巨匠たちへのオマージュとして、1982年に倉俣史朗氏がデザインしたアームチェア「Sofa with Arms」の限定版です。この象徴的な製品は、ファッションデザイナー三宅一生のショールームやオフィスで使用するために、クロームメッキの構造体と明るい色のウール生地のシート・背もたれでデザインされました。このパートナーシップを記念して、カッペリーニ社は、鮮やかなベルベットのカバーリングで無煙炭のメタルフレームのバージョンを製作しました。

SOFA WITH ARMS BLACK EDITION
design: 倉俣史朗(1982)
PC_17CP 幅62x奥行92x高さ65.5, 座面高38 cm
¥351,700
構造: クローム仕上げ金属管、ポプラ合板
パディング: 高密度ポリウレタンフォーム
カバー: 固定式ファブリック、レザー

REVOLVING CABINET PC_15

REVOLVING CABINET PC_15

REVOLVING CABINET PC_15

REVOLVING CABINET PC_15

REVOLVING CABINET
動く彫刻のような「回転キャビネット」。倉俣史朗のプロジェクトデザインを象徴する、軽快にして革新的な作品です。20個の引き出しが垂直な金属製スタンドの周りを回転します。1970年の作品。

REVOLVING CABINET
design: 倉俣史朗(1970)
PC_15 幅36-80x奥行25-80x高さ185 cm
¥408,000
ベース: 金属構造、黒マットのエポキシパウダー塗装
引き出し: アクリル樹脂レッドポリッシュ仕上げ

REVOLVING CABINET
動く彫刻のような「回転キャビネット」。倉俣史朗のプロジェクトデザインを象徴する、軽快にして革新的な作品です。20個の引き出しが垂直な金属製スタンドの周りを回転します。1970年の作品。REVOLVING CABINET
design: 倉俣史朗(1970)
PC_15 幅36-80x奥行25-80x高さ185 cm
¥408,000
ベース: 金属構造、黒マットのエポキシパウダー塗装
引き出し: アクリル樹脂レッドポリッシュ仕上げ

—————————————————

REVOLVING CABINET & SOFA WITH ARMS

REVOLVING CABINET & SOFA WITH ARMS

Shiro Kuramata
倉俣史朗
1934年生まれ。1965年にクラマタデザイン事務所を設立した倉俣史朗は、最新の科学技術に可能性を見出し、アクリル、グラス、アルミニウム、スチールメッシュなどを多用した独創的なプロダクトをデザインしました。1981年、衝撃的な形状と色使いで活躍するイタリアのデザイナー、エットレ・ソットサスJr.らによるイタリアンデザインの新しいムーブメント「メンフィス(Menphis)」の展示会に参加。1987年にはカッペリーニとのコラボレーションで”PROGETTI COMPIUTI”シリーズを発表しています。倉俣史朗がカッペリーニ社のために制作した作品は今回ご紹介したもの以外にも、”Steel Pipe Drink Trolley”、”the Ko-Ko table”、”the Bookshelf”など、どれも非常に高い評価を得ています。

1mmのズレも許さない徹底した仕事ぶりと、現場をよく訪れ職人に声をかけたり若手デザイナーをねぎらう真摯で素朴な人柄が人々から愛された倉俣史朗は、1991年、56歳の若さで亡くなるまで、透明感・浮遊感のある印象的な作品を生み続け、その多くはパリ装飾美術館、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館などにパーマネントコレクションとして収蔵されています。

REVOLVING CABINET & SOFA WITH ARMS

REVOLVING CABINET & SOFA WITH ARMS

Shiro Kuramata
倉俣史朗
1934年生まれ。1965年にクラマタデザイン事務所を設立した倉俣史朗は、最新の科学技術に可能性を見出し、アクリル、グラス、アルミニウム、スチールメッシュなどを多用した独創的なプロダクトをデザインしました。1981年、衝撃的な形状と色使いで活躍するイタリアのデザイナー、エットレ・ソットサスJr.らによるイタリアンデザインの新しいムーブメント「メンフィス(Menphis)」の展示会に参加。1987年にはカッペリーニとのコラボレーションで”PROGETTI COMPIUTI”シリーズを発表しています。倉俣史朗がカッペリーニ社のために制作した作品は今回ご紹介したもの以外にも、”Steel Pipe Drink Trolley”、”the Ko-Ko table”、”the Bookshelf”など、どれも非常に高い評価を得ています。

1mmのズレも許さない徹底した仕事ぶりと、現場をよく訪れ職人に声をかけたり若手デザイナーをねぎらう真摯で素朴な人柄が人々から愛された倉俣史朗は、1991年、56歳の若さで亡くなるまで、透明感・浮遊感のある印象的な作品を生み続け、その多くはパリ装飾美術館、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館などにパーマネントコレクションとして収蔵されています。

—————————————————

Cappellini本国サイト 倉俣史朗ページ:
https://www.cappellini.com/en/designer/shirokuramata
イタリア家具.COM Cappelliniページ:
https://www.italia-kagu.com/brand/cappellini/
※今回ご紹介した各商品は、異なるサイズ・カラーのバリエーションもございます。ご興味を持たれましたら是非下記連絡先まで、お気軽にお問合せください。
Cappellini本国サイト 倉俣史朗ページ:
https://www.cappellini.com/en/designer/shirokuramata
イタリア家具.COM Cappelliniページ:
https://www.italia-kagu.com/brand/cappellini/
※今回ご紹介した各商品は、異なるサイズ・カラーのバリエーションもございます。ご興味を持たれましたら是非下記連絡先まで、お気軽にお問合せください。